介護福祉士はこんな方が多いです

介護の仕事は無資格でもできますが、介護福祉士の資格をとろうと思っている人は介護業界に長くいようと考えている人が

当然多いです。

介護福祉士の資格は比較的取得しやすい資格ですから、実務経験が少なく資格だけ取得しているケースもあります。

そのため「こんなはずでは」と実務経験を積むに連れ後悔する人も少なくありません。

逆に実務経験を積み介護福祉士の資格を取得した方はスキルアップ、収入面でのアップを目的としているケースが多いようです。

介護福祉士に向いている人は基本的には介護・福祉に興味がある、介護の仕事にやりがいを持てる人、コミュニュケーションを

とることが好きな人などが多いようです。

介護福祉士になり仕事をしていく上で重要なのは、自分と相性と良くない人の介護をしなくてはいけないこと多いです。

それを仕事と割り切って接することが必要となります。

賃金面では高いとは言えない介護の職場ではお金以外のことをモチベーションはお金以外にもっている方がほとんどです。

介護をすることで喜んでくれる人がいるということをうれしく感じれないと介護の仕事は厳しいと思われます。



介護福祉士なるには