無届け介護ハウス

無届介護施設

無届け介護ハウスをご存知ですか?

無届け介護ハウスとは介護や食事などのサービスを提供する有料の老人ホームは都道府県への届け出が義務化されていますが、許可を得るには一定の基準がありそれを満たしていないと許可がおりません。

届け出をせずにサービスを行っている施設が「無届けハウス」と呼ばれています。

そのうちの7割が医療機関やケアマネージャーからの紹介をうけ入居を進められているケースがおこっているとの調査結果がでています。

介護施設に入りたくてもなかなか入れない、いわゆる「待機老人」問題もあり介護施設の不足からこのような無届け介護ハウスが多くなってしまっています。

介護施設並びに介護職員も不足しており、今後益々の高齢化社会となっていく日本においては介護に関わる問題が山積みとなっていますので政府の対策が待たれるところです。