特養(特別養護老人ホーム)とは?

特養とは

特養という言葉を耳にしたことはありませんか?

正式には特別養護老人ホームといい、介護老人福祉施設と呼ばれることもあります。

社会福祉法人や地方自治体が運営をしており、公的な施設になります。

国や自治体から運営資金援助を貰っていますので、施設のサービス料金が安くで利用できるメリットがあります。介護保険の1割~2割の負担で済みます。

ですが、入居には一定の基準があり、誰でも入居出来る訳ではありません。

対象となるのは65歳以上で要介護3以上の基本条件があります。これにプラスして常に介護が必要で自宅での介護が困難な方で寝たきり、認知症など重度の方が優先となります。

入居待ちのケースが非常に多く、何年も待たなければ入居できないケースも少なくありません。

食事、入浴、排泄などの日常生活のサポートの他、機能訓練などのサービスも受けられます。

しかし医療機関ではないため、高度な医療行為を受けることができません。公的な施設のため個室ではなく相部屋になることが多く有料の老人ホームほどサービスが充実していない面もあります。

かいご畑