介護職で働く方の転職をサポートする無料サイトや介護関連情報をお伝えします。 好条件の求人情報提供をおこなっていきます。

介護業界の人材不足の現状

  • HOME »
  • 介護業界の人材不足の現状

介護人材不足の現状

働き手の減少により全産業で働き手の確保が難しくなってきています。

少子高齢化の日本においては重大な問題となっています。

以前から介護業界においては人材不足であり、求人数が求人者を上回る状況が続いています。他業種も人税確保に苦しんでいる現状でさらに介護業界は人材確保が難しくなってきています。

厚生労働省の調べによりますと、

平成26年の介護業界の有効求人倍率が2.65倍と平成22年以降上昇傾向にあった求人倍率でもっとも高い水準となりました。

全産業の倍率が1.09倍ですのでいかに介護業界が人手不足なのかがわかるかと思います。

特に東京都、愛知県、岐阜県においては倍率が高く、東京・愛知県は4倍を超えています。

段階の世代が後期高齢者となるいわゆる2025年問題では生産年齢人口が7084.5万と推測され、2010年の8173.5万人と比較して13.3%減少するとの予測もなされています。

介護業界はさらに人材確保が厳しくなる現状がありますので対策を考えなければならない状況なのです。

上記の厚生労働省の調査から政府も介護福祉士の処遇改善案や外国人労働者の採用など行っていますが、まだ改善していかないと人材確保が難しいでしょう。

ですが、逆の方向からみると介護業界で働く方には好条件での採用条件を得るチャンスでもありますので転職のチャンスでもありますので今の待遇に不満があり介護業界じゃない仕事を探そうと思っている方には特に思いとどまって頂いてこのサイトで紹介している無料の転職支援サイトを利用して介護業界への転職を考えてみてください。


アクセスカウンター

  • 52現在の記事:
  • 36142総閲覧数:
  • 66今日の閲覧数:
  • 69昨日の閲覧数:
  • 26992総訪問者数:
  • 32今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 313先週の訪問者数:
  • 582月別訪問者数:
PAGETOP