介護職で働く方の転職をサポートする無料サイトや介護関連情報をお伝えします。 好条件の求人情報提供をおこなっていきます。

介護職とは

  • HOME »
  • 介護職とは

介護職とは

介護職とは介護福祉士、介護職員初任者研修、ケアマネージャーなどの介護全般の資格、仕事の総称です。

○介護福祉士とは

介護福祉士(ケアワーカー)とは、1987年に制定された「社会福祉士」および「介護福祉士法」に基づいた、「社会福祉士」、「精神保健福祉士」とならぶ代表的な国家資格です。 介護福祉士は、専門的な知識と技能を身につけているので、介護施設や病院、障害者施設など、介護を必要とするすべての分野で活躍できるのが特徴です。身体上、精神上の障害で日常生活を送れない介護者と家族の方に、日常生活における介護指導や福祉用具の提案などのサポートを行っています。福祉の現場のエキスパートである介護福祉士の需要は年々確実に高まっています。

○介護職員初任者研修(ホームペルパー)とは

介護を必要とする高齢者や日常生活に支障がある心身障害者をサポートする仕事です。 通称ホームヘルパーまたはヘルパーと呼ばれ、訪問介護を行う者のことをいいます。ホームヘルパーには、1級(実務者研修)、2級(介護初任者研修)、3級があり、国家資格ではありませんが、介護保険制度に定められた、一定の養成研修を受けなければなりません。

○介護支援専門員(ケアマネージャー)とは

要支援・要介護者本人やその家族からの相談に応じ、適切な介護サービスを受けるために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。介護支援専門員は、2000年4月から開始した『介護保険制度』で発足。希望に沿った適切なサービスを利用できるように、市区町村や居宅サービス事業者、介護保険施設などとの連絡や調整を行う専門員でもあり、介護保険制度の中でも、中核を担う役割を持っている職種なのです。 介護支援専門員は、居宅介護支援事業所や介護保険施設、小規模多機能型居宅介護事業所などに所属。略称は「ケアマネ」。通称「ケアマネージャー」と呼ばれています。

介護職にはその他に社会福祉士、社会福祉士主事、介護事務などがあります。


アクセスカウンター

  • 18現在の記事:
  • 36084総閲覧数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 69昨日の閲覧数:
  • 26965総訪問者数:
  • 5今日の訪問者数:
  • 33昨日の訪問者数:
  • 286先週の訪問者数:
  • 555月別訪問者数:
PAGETOP